大型スーパーといえば、1階が生鮮食品、そして2階は洋服売り場というのがお決まりですよね?
従来の大型スーパーは、利益率の高い衣料品を重視していましたが、現在ではアマゾンやZOZOなどのネット通販に食われたため、それに負けない商品で集客しています。

そう、100円ショップで集客しているのです。

100円ショップが欲しいスーパー

いま地方では、100円ショップが大型スーパーへ。
そしてコンビニは住宅専用地へ進出する動きが起こっています。

特に地方では100均はなくてはならないものになり、スーパーとしては、テナント出店して欲しい施設。
100円ショップはダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツの4社だけで7,000店も存在し、毎年500店舗増加中。
その半分ほどが地方の大型スーパー内という状況なのです。

対してコンビニ店舗の増加ペースは落ちています。

100円ショップ、増えすぎて大丈夫??

100円ショップは人口1万8000人に1軒、コンビニは人口2300人に1軒の割合で存在。
郵便局の数は2万4000、スーパーは2万800店舗、ホームセンターは4,700店舗あります。
ドラッグストアも全国で1万5000店舗に増えています。

そこで100円ショップの強みはと言いますと、ネット通販の影響を受けないことです。
例えネットで安く売られていても必ず1回100円以上の送料がかかる。
購入者が直接支払っていなくても、なんらかの形で負担している筈で、100円ショップに対抗するネット通販はできない。

大きな町なら1軒は100円ショップがあるので、割高な価格で同様な商品をネット購入する人はいません。
そのため、100円ショップは、なくてはならない存在となり、ある程度増えても大丈夫なのです。

そして、大型スーパーで増えているのは100円ショップだけではありません。
もう一つ、ある施設が増えているのですが、

それは…

トップ企業のアイデア

体験型サービス

洋服売り場の徹底が目立ちますが、従来はあった、書店や雑貨店。CDショップに家具屋さんが、姿を消し、代わりに、フィットネス、カルチャー教室、美容エステ、子供向け広場が多くなっています。

なぜか??

中小のショッピングセンターは近隣から通いやすく、
週1回など来店してついでに買い物もしていくことを狙っているから。

ショッピングセンターはまず消費者に来店してもらう必要があり、体験型店舗は理にかなっています。

体験型サービスの中でもエステ美容や飲食のような従来スタイルは伸び悩み、カルチャー教室やフィットネスが伸びている。

受け身型の体験より、ヨガのように自ら行動する体験が好まれていて、消費者はより積極的になっています。

最近特に目立っているのが大手ショッピングモール(イオンなど)でのヨガ教室出店。
お昼から夕方前に主婦とおぼしき女性たちが集まり、イベントスペースでヨガをやっている。

夕方を挟んで仕事を終えたサラリーマンが集まってきて、こちらはフィットネスジムに入っていくという具合で、大型スーパーを生活の拠点にしてもらうという狙いが、ハマった結果なのでした。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here