街中で歩いていて、前から来るロングヘアー美女とすれ違う時、ふわっと髪からいい匂いがすると、胸キュンしてつい振り返ってしまったり、後を付いて行きたくなる衝動に駆られますよね。

プルースト効果

そして、それが好きだった人の匂いだったりすると…
懐かしい匂いで、人は昔の記憶を思い出したりします。
これを心理学用語でプルースト効果と言います。

このプルースト効果が脳( 海馬 )を活性化させ記憶力を格段にアップすることができるのです。

匂いで脳は活発的になる

結論から言うと、匂いの記憶によって脳は活動的になります。

【記憶力テストの実験】
香り付きの消しゴムってありましたよね。
番組で子供を対象に、香り付き消しゴムを嗅ぎながら漢字の記憶力テストを行いました。

その結果

・嗅ぎながらテストした生徒の正解率83%
・嗅がなかった生徒の正解率75%

なんと記憶力が約10%アップしたという結果が出たのです。
つまり、香りを嗅ぎながら学習することで記憶力を高めることができるのです。

「知識」が「思い出」に変わると記憶力が上がる

脳は知識の記憶は苦手なのに対して、実際に経験、体験したことを記憶するのは得意。
つまり体験したことは記憶に残りやすいということ。
その体験が、匂いは強烈にあるのです。

嗅覚以外の感覚はすべて視床と繋がっていますが、嗅覚は違います。
嗅覚の回路においては、一度鼻の受容器によって匂いが探知されると、そのシグナルはまっすぐに匂いを分析する嗅球へと運ばれます。
そして扁桃体と海馬という記憶と感情を処理する部位に接続されます

五感の中でも特に嗅覚は記憶を呼び起こしやすくできています。
なぜなら五感で唯一、直接脳にリンクしているからです。
そのため、母親のカレーの匂いは、記憶と絡み合って、何十年経っても、味だけではなく、思い出と一緒に思い出されることが可能になるのです。

そのため、匂い付きの消しゴムでテスト勉強をやり、どうしても思い出せない問題がきたときに嗅ぐと…思い出しやすくなるかもなのです。

嗅覚は感情だけの記憶を呼び起こす??

2013年のヨーロッパでもfMRI(機能核磁気共鳴診断装置)という何やらすごい装置を使って匂いと記憶の関係を分析。
花やウイスキー、ニンニクなど様々な匂いを使って実験した結果、どの匂いも過去の記憶に関する脳の活発が確認されました。

ただし・・

つまり匂いで脳は活発化するけど研究者はどのタイプの匂いでも、記憶に連動する脳の部位が活発になることを発見しました。
しかし言語的なサインが脳の中の匂いを処理する部分を反応させたのに対して、その匂いそのものは感情を処理する部分と強く繋がっていたのです。

つまり…

知識を覚える手助けになるとは限らない

母親のカレーの匂いはあなたが遊んでいた小学校を思い出させるかもしれませんが、マクスウェルの方程式を覚える手助けにはならないのです。

そのため、古い匂いの記憶で、「新しい知識」を覚える手助けになるとは限らないということ。
例えば、懐かしいノートの匂いを嗅いでも、単語が覚えやすくなるわけじゃないってこと。

とはいえ、匂いで学習するということは、この2つでメリットがあります。

・集中力・記憶力をサポートしてくれます
・脳が活性化することは間違いないようなので、

リラックスや集中といったサポート的な役割なら、良い勉強法になる

また、匂いは、言語的な思い出に頼らない、身体を動かすものだと効果が期待できます。

例えば、ゴルフの練習で匂いを嗅ぎながら実行するなど。
コースに出る時に、同じ匂いで良い時の調子を思い出しやすくなる可能性があります。

とはいえ、匂いが良い記憶だけを思いださせるという訳ではないため、練習でヘタっぴなら、悪い記憶もつれてくることがありますので、調子が良い時だけにしましょう。

もっと匂いフェチになろう

知能が高い有名人に匂いマニアは多いことはよく知られています。
かの皇帝ナポレオンも無類の匂いフェチでした。
しかもかなり恋人の匂いがお好きだったらしく、彼が戦争から帰還中「体を洗わないでくれ」と交際相手に手紙でお願いしたという逸話は有名な話。

そしてナポレオンは香水マニアの顔も持っていたのです。
彼が好きだったのはケルンの水のような軽めの香水。
馬にのってる時は、常に香水をしており、戦争のときは香水を大量発注し、兵士に持たせ士気を高めていたとか。
そのため、フランスではオーデコロン狂という異名がつくほどだったそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here