2006年3月に北九州空港の移転と同時に東京国際空港(羽田空港)との間の路線運航を開始したスターフライヤー。

今では九州地方の主要都市と、三大都市圏を結ぶ便に特化して路線を運営していますが、
2014年はLCCの台頭があり、33億円と巨額赤字に転落し会社の存亡危機を迎えた時がありました。

危機に陥った時、スターフライヤーが取った行動は意外なものでした。コストと手間がかかるサービスを更に充実させ始めたのです。

主に3つあり1つはエアバス320で国内発の高規格 RNAV 進入方式導入に
より遅延を緩和。搭乗者限定のベンツ格安レンタカープラン提供なのですが、
そしてもう一つ、ビジネスマン向けに展開したサービスなのですが

それは・・・

トップ企業のアイデアはここ!

(早朝便利用者に対する)無料の簡易靴磨きサービス

【解説】

その結果、スターフライヤーは国内最大級の顧客満足度調査「2017年度版JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、国内航空業7年連続第1位を取得。7年連続は他業種含めても帝国ホテルとヤマト運輸の2社しかありません。

マネしたいアイデア

サービスだけではなく空間においても顧客の満足度を追求。

内装のシートはラグジュアリーなモノトーンで統一。

さらに他社の同機が最大180席のところ、スターフライヤーは150席に設定。
そのため、抜群に広いピッチになっており、他社平均780mmのところを、スターフライヤーではなんと平均910mmまでに拡大。

他会社のプレミアムクラス並みの快適性を提供しています。

スターフライヤーの数々のサービスで、最も注目を集めたのが全席装備のパーソナルモニター。

さらに、2019年「もっと身近で、もっと挑戦する航空会社」を具現化する取り組みとして日本初の「空の結婚式」を開催しました。

高度約1万メートルで飛行が安定すると2人は客席の最前列前に立って指輪を交換、
出雲大社上空で客室乗務員が結婚の成立を宣言します。

駐機場の航空機への搭乗ステップ前に赤いじゅうたんを敷き、
空港内のフライトモニターにも同特別便を「幸せ空港(Happy Airport)行き」と表示するなど、こだわりの演出も行ったのでした。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here