コロナの影響によって、レストランやカフェなどの外食産業は、最も大きな打撃を受けたビジネスのひとつです。

生き残りをかけて、様々なサービスを展開していますが、いつの時代でも、エンターテイメントは無くならないもの。
「人を喜ばせる」は人のDNAに深く刻みこまれており、そこを追求してサービスを考えることが、復活の一手でありますが…

そんな中、バンコクのレストランでは、あるアイデアによって、デリバリーサービスの売上を伸ばしたのです。

特に女性客からの人気が殺到したのですが…

では、それは???

トップ企業のアイデア

配達員をマッチョな男性にした

【解説】
バンコクのラートプラオ地区にあるレストランの『76 Garage』。
元々フレンドリーなスタッフがいることが人気のレストランでした。

しかし、コロナの影響によって店は一時休業、他のお店と同じように、テイクアウトとデリバリーに対応したものの、売り上げが激減。

しかし!!

経営者は閃いたのです。
そう、女性をターゲットに人が喜ぶことを追求した結果、味や内容以外にも、他店との差別化を図れるポイントがあるということを。

そこで、マッチョな男性スタッフを使ったプロモーションをSNSでスタート。
この戦略が見事にはまり拡散されると…
注文が店に殺到したという。

半径5km以内に住み、300バーツ(約1000円)以上注文してくれた客なら誰でも、マッチョな男性スタッフのデリバリーを受けることができると言います。

マッチョなスタッフの多くは、過去にアマチュアモデルとして働いた経験があり、フレンドリーもさることながら、写真撮影にも慣れており、デリバリー時には、お客が希望すると、一緒に記念撮影もできるのです。

さらに!!

当初は女性客からの注文が多く、男性客の心は動かないのでは??
と思えたのですが、予想に反して、男性客からの注文も日に日に増えていき、毎日の注文が大幅に増えたというのです。

レストランに行けないけど「人を楽しませる」。
ここをさらに追及すると、マッチョスタッフが、宅配先の客と交流を持つことによって、お客が常連になってくれる可能性もあります。

コロナ以前、フーターズの配達も、実はエッチなコスチュームで配達しており、ここも家に居ながらにして、フーターズ気分を味わえ、デリバリーでも人気となっていました。

まだ、日本ではエンタメ性のある配達はあまり存在していません。
出前館、ウーバーイーツも楽しくはないですよね。

一見不必要??と思われがちですが、外出先のエンタメが制限されている現在、「人を楽しませる」ことをもう少し掘り下げると、新しいトレンドを生むことができるのではないでしょうか。

Tシャツでも、まあまあ面白く表現できますよね。
マッチョTシャツ、ボインTシャツは手軽に手に入りますので、デリバリーの人に着せてみるのは手ですね。

CAREER 9 PAPERのサービス

・コンサルティング

考えているビジネス、地域活性のヒント、解決したい問題についてアイデアを出させていただきます。

・ウェブライティング

放送作家でもある横山龍太がSEO対策・コンテンツ・品質重視の記事を記事執筆いたします。

・ウェブサイト制作

数々のサイトを制作、運用している実績を生かしたウェブ制作。
ブログ、お店、企業ページからECサイトまで。
結果が出るウェブサイトを制作いたします。

・Youtube

Youtubeの企画、構成、台本作成などキャリ9ペーパーで請け負います。
ご予算、ご要望をお聞かせ頂けましたら、ニーズに沿ったプランをご提案いたします。

・オンライン観光、PR動画の制作

【参考料金】
90秒動画 =300,000円~
3分動画  =500,000円~

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご連絡ください。 あなたのビジネスの成功へのお手伝いが出来ます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here